室内で無理なくできる運動不足解消法

寒い冬も健康で過ごすために

部屋で手軽にできる体操

加齢と共に身体のさまざまな機能は衰えてきますが、適度な運動を行う事により健康な日常生活を営なむ事ができます。大切なのは適度な運動をして体を動かす習慣を身につける事です。手軽な運動としてウォーキング等がありますが、季節が深まりだんだんと気温が下がってくると外へで出るのもおっくうになります。ついつい家にこもりがちになってしまいますね。そこで室内でできる手軽な運動をおすすめします。

体操・ストレッチ

加齢により筋肉や腱の柔軟性が低下するのを予防し、関節の動く範囲を広める事により、体の柔軟性を高め、けがを予防します。また、ゆっくりと呼吸をしながら筋肉を伸ばす事により酸素の供給が良くなり、疲れが早く回復します。意識しながら筋肉を伸ばす事で、脳と神経の活性化が図れます。まず、ウォーキング等で筋肉を十分に暖めてから行い、反動をつけないでやさしくおこないます。呼吸を止めてしまうと血圧が上がる等して全身の緊張感が高まってしまいます。また、1日に何回も行う事が大切です。ラジオ体操、NHKテレビのみんなの体操は手軽で毎日できるのでおすすめです。

ヨガ

難しくない簡単な動きのヨガで、心と体をリラックスさせる事ができます。血行改善・バランスアップ、歩行や冷え症の改善、楽な呼吸法の獲得等、いろいろ効果があります。
シニアの方向けには椅子や壁、毛布等の補助具を使うと安心してヨガを楽しめます。ポーズをつくる時も無理をしてポーズを極めるより、半分のポーズを100パーセントの気持ちのいい呼吸で楽しんでさ下さい。

太極拳

誰もが持っている生体エネルギー、「気」と技で戦う拳法で、緩やかで流れるようにゆったりとした動きで行います。体格的に不利な方、高齢の方等に最適な護身術です。また健康法としても高く評価されています。気血の流れをよくし、五臓六腑全体の機能を高めます。体内バランスを理想的な状態に保ち、肩こり・腰痛・ストレス解消・集中力アップ等に大きな力を発揮し、全身にあるツボを適度に刺激し、循環呼吸器系、消化器系、自律神経系に効果を発揮します。