暴飲暴食は避けて程々に

寒い冬も健康で過ごすために

寒い季節の温かい飲み物や食べ物、冷たい飲み物にご用心

寒さが身に染みる季節となりました。暖かく丁度良い気候の日もありますが、ますます寒暖の差が激しくなってきている様に感じます。皆様体調を崩されてはいませんか。今回は寒い季節に飲んだり食べたりするモノについて、お気を付けになった方が良い点についてご紹介致します。

猛暑に飲食した冷たい食事や飲料について

今夏は例年の暑さを大幅に上回る記録的猛暑となりました。それ故に、冷たい飲み物やアイス等の冷たい食べ物を仕方無く食べてしまった方が沢山おられると思います。確かに熱中症等を避けるためには、体温を下げるために適度に冷たい物を摂取する事は人体にとって非常に大切です。しかし、それによりあらゆる内臓器官が弱っている人が大多数であると思います。

暑い部屋での冷たい飲料は厳禁

寒くなると、ストーブやエアコンにより部屋を暖めると思います。すると人体の体温は上昇します。その状態で冷たい水分を摂取すると内臓に大きなダメージを与える事になります。それは夏にダメージを与えてしまった内臓に、より負担をかける事になるからです。温かい部屋での冷たい水分を摂取する事は避けましょう。

熱い食べ物や飲み物にご注意

寒くなると自然と熱い食事や温かい飲み物を摂取しますよね。寒さに対抗するため体温の上昇を促すためにはとても大切な事です。ですが、夏場に弱ってしまった胃腸等を更に弱らせ、内臓疾患を起こす原因とも成り得ます。一概にどれぐらい食べて良いものか飲んで良いものかとは言えませんが、夏と同じで暴飲暴食は良くありません。お勧めの食べ物は野菜の多い鍋物や、温かいココア等が良いです。鍋であれば普段はあまり食べれない白菜やキャベツ等も多く摂取出来、体温も上がり、基礎代謝アップが出来ます。ココアは精神安定に非常に良いと言われており、ゆっくりと摂取する事により冷えた体を温め、自律神経を安定させ、交感神経の働きを鈍くし「安眠」へと促す効果があります。

何であれ「程々」が大切と言えます。寒さを上手く乗り切りましょう。