身体の中から暖める

寒い冬も健康で過ごすために

冷え性とその対策について

寒くなってくると、冷え性も辛くなってきますよね。特に女性の方は冷え性という方が多いのではないでしょうか?

冷え性って何?

冷え性とは、簡単にういうと血行不良の状態。体は寒いと体温が外へ逃げないように毛細血管を収縮させて次に体表の温度が下がり過ぎないように血液を送り込んでいます。冷え性はその調節がされずにいつまでも欠陥が収縮している状態の事です。

冷え性の原因

夏の冷房による自律神経の乱れ、足の機能低下、貧血による末梢血液不良等や、生野菜、トロピカルフルーツ等の体を冷やす働きのある食品を過剰摂取する事によって冷えを招くとも言われています。

冷えを起こす病気

冷え性の前に冷えを起こす病気ではないか確認する必要があります。例えば、冷えを起こす病気としては貧血、心臓の病気、甲状腺の病気、膠原病等があります。これらの病気がある場合は病気の治療をしっかり行なわなくてはいけません。

冷え性は放置してはいけない

冷え性をほうっておくと、頭痛や肩こりが悪化したり、風邪を引きやすくなったりして、疲労が溜まる原因となります。不眠やいらいら等、情緒不安定な症状も起こるでしょう。

冷え性対策

第一に体を冷やさないようにする事が大切です。お腹を冷やさないようにしましょう。女性に多い冷え性はみぞおち辺りの温度がへその下の温度より低いタイプで、女性は下腹部の臓器が複雑な為、下腹部にうっ血がおき、血流量が増加すると上腹部の血流が減少し、体全体に血液が回らなくなります。このため手足の冷えを感じる事になります。マフラーや手袋も重要ですが腹巻や下着でお腹を冷やさないようにする事も大事です。次に、しっかりとお風呂に入りましょう。シャワーだけで済まさない事です。ぬるめのお湯でゆっくり半身浴で温まりましょう。熱の産生をさせるのは筋肉ですので、筋肉をつけて寝る産生能率を上げるのも大事です。体を温める食べ物を摂りましょう。かぼちゃやにんじん等、暖色野菜や果物は体を温めます。飲み物は茶色の物で、紅茶、中国茶、ほうじ茶等。生姜を入れた物も体を温めます。