暖かい布団で朝までぐっすり

寒い冬も健康で過ごすために

寒い季節の寝室の注意点

1日の疲れを取るため、目覚めの良い朝を迎えるためには寒さを忘れてグッスリ眠りたいと誰しも思いますね。冬の寝室の温度は「ナイトウェアに1枚はおって寒くない程度」が良いとされています。気持ちよく眠れる室温は、16~19度の範囲といわれています。冬に布団が冷えていると、寝床に入ってもなかなか温度が上がらず、寝つきが悪くなります。そんなときはあらかじめ、電気毛布や湯たんぽで寝床を温めておきましょう。ただし、電気毛布をつけたままでは、睡眠中の自然な体温変化が妨げられるので、眠るときにはスイッチを切りましょう。

暖かい寝室作りの一工夫

冷たい空気は重く下に溜まってきます。大敵なのはこのいわゆる「底冷え」です。まず、窓回りは厚手のカーテンで床まで伸ばしキッチリ冷気の侵入を防いだり、透明ビニルシートを窓に貼り付けるとよいでしょう。寝具は布団よりベッドがベターです。マットレスの高さはだいたい40センチ前後ですので畳の上に直接敷き布団を敷くよりも高くなります。これによって床下からの底冷えをある程度防ぐ事ができます。布団を利用の場合も布団の下に1枚マイクロファイバー等の敷パッドを敷くと効果的です。さらに寝る前にストーブ・エアコン等を入れて部屋を暖めてから寝室に行きましょう。

寒い寝室では脳卒中や心筋梗塞の危険が

高齢者は寝室の温度を低めにしがちです。眠っている間に部屋を暖めておくのはもったいないと思うからでしょう。高齢者は室温が低い代わりに、寝間着・下着等を多く着て、布団もたくさんかけて眠ります。下着と寝間着を合わせて5枚以上も着たうえに、毛布や電気毛布、厚い布団にくるまっている人もいます。寝床の中の温度を上げるのはよいのですが、寝床の中と部屋の温度に大きな差があると、目覚めて布団を出たときに血圧が急上昇し、脳卒中や心筋梗塞の危険が高くなります。夜中や明け方に起きてトイレへ行くときは、十分に気をつけてください。